試験について

【2022年(令和4年)度】電験の基本情報、受験~免状申請までの流れ

2022年2月13日

電験ってどんな試験なの?

 

電験の概要をご説明します。
ソウケイ

 

今回の記事は電気主任技術者試験(以下、電験)の概要について

 

  • 申し込みから免状申請までの流れ
  • 受験票発送日、試験日、合格発表日
  • 2022年度(令和4年度)の変更点
  • 解答速報のサイト

 

などを、ご説明します。

 

この記事を読んで欲しい人

  • 今年に電験三種の受験を検討している人
  • 受験などの日程を知りたい人
  • 受験から免状申請までの流れを知りたい人
  • 2022年(令和4年)度の変更点を知りたい人

 

基本情報

電験は試験センターによって全国で実施されています。

 

試験情報については変更の可能性もあります。

 

最新の情報は試験センターのホームページにてご確認ください。

 

受験資格

年齢、学歴、実務経験、国籍などに関係なくどなたでも受験できます

 

試験日 2022年度(令和4年度)

第一種、第二種

一次試験・・・8月20日(土)

 

二次試験・・・11月13(日)

 

第三種

上期・・・2022年(令和4年)8月21日(日)

 

下期・・・2023年(令和5年)3月26日(日)

 

昨年からの大きな変更点として、電験三種の受験回数が2022年度から年2回に増えました

 

今までは年1回だけでしたが、年2回になることによって作戦の幅が広がります。

 

と、言っても基本的に

  • 計画
  • 継続
  • 確認(軌道修正)

のPDCAサイクルを回していくことには変わりません。

 

科目留保制度

第三種第一種および第二種の一次試験には科目留保制度があります。

 

この制度は一発合格が必須条件ではありません。

  1. 理論
  2. 電力
  3. 機械
  4. 法規

 

4科目全てを三年以内に取得すれば合格となります。

 

ただし、三年計画など生ぬるいことは管理人はオススメしません。

 

継続できる環境と絶対に合格したい信念があれば一発合格を目指しましょう

 

学習期間についての合格の目安は以下で紹介しています。

あわせて読みたい
電験三種の合格までの所要時間は?初心者が一発合格する為にどれだけ必要?

 

管理人は常に一発合格を目指してきました。

 

結果として電験三種、二種ともにそれぞれ二年かかりましたが三年を目標にすれば、それ以上時間がかかりスパイラル(科目消滅)します

 

ソウケイ
そうなるとヤル気がかなりダウンしますよ。

 

二次試験

第一種および二種の二次試験は

  1. 電力・管理
  2. 機械・制御

 

の2科目受験となります。

 

こちらは一次試験とちがい、総合的に2科目に合格しなければいけません

 

つまり科目留保制度がないという事です。

 

2科目の合計点が合格ラインを超えるとともに両科目において平均点以上取る必要があります(難易度による調整あり)。

 

管理人は電験二種 二次試験の勉強は一次試験と並行でした。

 

なので、あるていど仕上げるまでに実質1年半以上かかりました。

 

一次試験が終わってからでは間に合わないので早いうちから取り組みましょう

 

二次試験は科目留保制度がない代わりに翌年まで一次試験が免除となります。

 

受験費用

第一種および第二種

受験料:インターネット申込みであれば13,800円+事務手数料(100~200円ていど)が別途必要です。

 

郵送であれば14,200円(送料自己負担)です。

 

第三種

受験料:インターネット申込みで7,700円+事務手数料です。

 

郵送だと8,100円です。

 

郵送の手間を考えるとインターネット申し込みが断然楽です。

 

受験費用が郵送支払いよりトータルで200~300円安いですし、送料も別途かかります。

 

何と言っても、払い込みの確認や受験者情報変更も簡単です。

 

 

試験科目と科目内容

第三種第一種および第二種の一次試験

科 目 科 目 の 内 容
理論 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測に関するもの
電力 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用並びに電気材料に関するもの
機械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理に関するもの
法規 電気法規(保安に関するものに限る)及び電気施設管理に関するもの

 

これらについて問われる試験となります。

 

試験方式はマークシートです。

 

第一種および第二種の二次試験

科 目 名 科 目 の 内 容
電力・管理 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気施設管理に関するもの
機械・制御 電気機器、パワーエレクトロニクス、自動制御及びメカトロニクスに関するもの

 

二次試験は記述方式、つまり論説や計算式を白紙への記入する試験となります。

 

受験手続きの流れ

試験案内の掲載

5月上旬ごろに試験センターホームページにて掲載されます。

 

受験申込みの受付

『2022年5月16日(月)10時 ~ 6月2日(木)17時まで』

 

覚悟を決める(少しでも自分を追い込む)ためにも初日に申し込みましょう

 

上記期間になったら、試験センターで申込が可能となります。

 

アカウント作成

2021年度から受験申込みについて、試験センターのHPにてアカウント作成が必要となっています。

 

個人情報を登録して写真をアップロードすれば試験申し込みが可能となります。

 

アカウントを作成して上記の受験料を支払えば申込み完了です。

 

受験票の送付

第三種第一種および第二種の一次試験

8月上旬~下旬ごろ

 

第一種および第二種の二次試験

10月上旬~下旬ごろ

 

試験会場

大学キャンパスやイベント施設などが試験会場となります。

 

住所に関係なく、全国の試験場で受験することは可能です。

 

第三種は各都道府県ですが、第一種と第二種は受験者が少ないため会場が絞られます

 

ちなみに管理人は静岡県民ですが静岡県に電験二種の会場がなかったので、愛知県の名古屋市まで試験を受けに行きました。

 

試験の実施

第三種第一種および第二種の一次試験

科 目 試 験 時 間
理論 9:15 ~ 10:45 (90分)
電力 11:25 ~ 12:55 (90分)
機械 14:15 ~ 15:45 (90分)
法規 16:25 ~ 17:30 (65分)
※法規だけ65分

 

原則的に試験開始後30分を過ぎたら入室はできません。

 

また法規以外は試験開始から60分後に退出が可能となります。

 

第一種および第二種の二次試験

科 目 試 験 時 間
電力・管理 10:00 ~ 12:00 (120分)
機械・制御 13:20 ~ 14:20 (60分)

 

こちらも試験開始後30分を過ぎたら入室はできません。

 

ただ、途中入室して合格できるような『ぬるい試験』ではありませんけど。

 

自己採点できる解答速報

  1. カフェジカ
  2. オーム社
  3. 試験センター

 

1. カフェジカ

掲載時期:試験当日11:00~20:00頃

 

掲載範囲:電験三種、電験二種1次試験、電験二種2次試験

 

信頼度: 95%

 

電験アベンジャーズという電験ホルダーの有志が集まって試験問題を解いていきます。

 

精度も高いながら科目ごとに掲載されるのでスピードはピカイチです。

 

特に電験二種の二次試験の解答速報について、試験センターの公開が試験日の1カ月半~2カ月後なので圧倒的な早さです。

 

管理人が知る限り、世界最速の解答速報です。

 

ソウケイ
2021年度は管理人も参戦させてもらいましたが、緊張しすぎて呼吸不全になりそうでした。笑

 

でも、受験生からお礼のメッセージを頂いたこともあり、参加して本当に良かったです。

 

2022年度は開催されるか分かりませんが受験生は要チェックですね。

 

2. オーム社

掲載時期:試験当日18:00~20:00頃

 

掲載範囲:電験三種のみ

 

信頼度: 95%

 

4科目一気に掲載されます。

 

昔からある速報で精度も高いので試験後に多くの受験生がホームページに殺到します。

 

管理人も電験三種受験時は答え合わせをしてガッツポーズしたのを覚えています。

 

3. 試験センター

掲載時期:試験の翌月曜日(二次試験は約1か月半後)

 

掲載範囲:全て

 

信頼度: 100%

 

主催者なので信頼度100%は当然ですね。

 

試験結果発表・合否通知書の送付

第三種第一種および第二種の一次試験

10月上旬~下旬

 

電気技術者試験センターにて9:00ごろに掲載されますので、受験番号で合否を検索できます。

 

また合格発表日の翌日以降着で受験者全員へ合否通知書が送付されます。

 

合否通知書には全科目または科目ごとの合格が記載されます。

 

第一種および第二種の二次試験

翌年2月上旬~中旬

 

免状の申請

合格通知書とともに申請用紙などの書類が送られてきます。

 

申請書に必要事項を記入、免状発行手数料を入金して以下4つの書類を試験センターに送付します。

 

  • 主任技術者免状交付申請書
  • 戸籍抄本または住民票(本籍が記載されたもの)
  • 試験結果通知書
  • 振替払込受付証明書(金融機関が押印したもの)を貼付欄に添付

 

不備がなければ2ヶ月以内に免状が送付されてきます。

 

まとめ

電気主任技術者試験には特別な受験資格はなく、どなたでも受験可能です。

 

今年から試験は年に2度になりチャンス倍増になりました。

 

この制度変更を活用して、短期で仕留めることをおススメします。

 

それには計画を立てて学習は早めにスタートさせましょう。






-試験について
-, , , ,

© 2022 電験ジョイ Powered by AFFINGER5