電験2種

電験二種 二次試験 論説対策の「キーワード」が改訂。旧版との違いは?

「キーワードで覚える」の改訂新版が出たけど、旧版と何が違うの?

 

内容に大きな変化はありません。

従来のものに新たに10年分追加した感じです。

ソウケイ

 

電験二種 二次試験の論説対策で評判が高い『キーワードで覚える!電験2種二次論説問題』がついに改訂されました。

 

管理人も本番で、この本で学んだ「ありったけのキーワード」を使いました

 

論説問題はかなり完成度が高く作文できたと自負しています。

 

電験二種合格で大変お世話になった本の一つです。

 

この記事では、改訂新版と初版の違いを詳しくご紹介します。

 

この記事を読んで欲しい人

  • 電験二種に挑戦する人
  • 論説問題で得点を取りたい人
  • 「キーワード」で論説学習しようか迷っている人
  • 初版と改定新版の違いが気になる人

本書の概要

本書は電験二種 二次試験の論説対策に特化した問題集です。

 

当然ながら計算問題は1問もありません。

 

機器の原理・仕組みだったり、装置の制御方法やトラブル・災害対策などの論説問題を集約したテキストです。

 

初版との違い

概要

旧版と改訂新版の違いを分かりやすく表にしてみました。

 

初版 改定新版
ページ数 435 499
年度 昭和41年~平成22年 昭和41年~令和2年
価格(税抜き) 3,800円 4,000円

 

こうやって見ると

  • 初版より64ページ増加
  • 年度が10年分付加
  • 価格が200円(税抜き)値上げ

 

となっています。

 

ソウケイ
年度はザっと見て確認したものです。

これ以外に記載されている可能性はあります。

 

問題数

問題数も違いが分かるように一覧表にしてみました。

 

項目 初版 改定新版
電力管理 水力発電 5 6
火力発電 14 17
原子力発電その他 6 6
変電 10 14
送配電 23 31
需要設備 5 5
施設管理 12 17
機械・制御 回転機 27 28
変圧器 16 16
パワーエレクトロニクス 19 19
自動制御 6 6
保護装置・材料診断 11 11
合計 154 176

 

項目の増加は

  • 水力発電・・・1問
  • 火力発電・・・3問
  • 変電・・・4問
  • 送配電・・・8問
  • 施設管理・・・5問
  • 回転機・・・1問

 

となっています。

 

電力・管理が計 21問増えたのに対して、機械・制御の追加分は平成30年(2018年)の 1問だけです。

 

これだけ見ても機械・制御の論説についての重要性は2次試験に対しては低いことが分かります。

 

ソウケイ
ただ、私は機械・制御の部分を1次試験で活用したので、使い方次第なところもありますね。

 

内容

文章構成について初版との違いはありません

 

問題に対するキーワードが最初に並べられ、その後に模範解答が書かれています。

 

初版に載っている既存の問題はパッと見で改定新版での変更点はありません、いわゆるコピーです

 

純粋に初版に最新の10年分の論説問題が同じように付け加えられただけな感じです。

 

ソウケイ
2019年、2017年、2016年に出題された発電に関する問題は少しマニアックな気もします。

希望を言うと、もう少し厳選して問題を絞って欲しかったですね。

 

初版を持っている人は

初版でもかなり原理原則が充実している本なので、新たに買い足す必要はないでしょう。

 

これから新たにどちらかを検討している人は初版の問題を全てカバーしている改訂新版がベターな選択です。

 

論説は計算問題に比べて直近の問題が出にくい傾向が強いので、無理に2冊そろえなくても良いです。

 

ソウケイ
改訂新版を購入してメルカリなどで旧版を売って置き換えるのはアリですけどね。

 

まとめ

キーワードで覚える!電験2種二次論説問題』の改定新版は初版の問題構成と全く同じです。

 

初版に最新10年分が付け加えられただけなので、2冊とも入手するのは少しだけ「もったいない」でしょう。

 

論説対策には必須な良書なので、どちらか1冊で十分です。







-電験2種
-, , ,

© 2021 電験ジョイ Powered by AFFINGER5